50代アプリエンジニアの積み上げ日記

50代からの学び直しブログ

「技術の教え方」のノウハウ記事を読みました。

今日の積み上げ

  • カックさん(@kakakakakku)の「技術の教え方」のノウハウ記事を読んだ

 

「技術の教え方」のノウハウ記事

kakakakakku.hatenablog.com

これまでカックさんが積み上げられてきたノウハウがこの記事の中に凝縮されているので、気になったところをつまみ食いのように読んだ。

以下、所感を書き残しておく。

 

kakakakakku.hatenablog.com

この記事を読んで、カックさんが「教育心理学」のことまで学ばれていると知った。

技術講師としてのプロ意識のすごさを感じるとともに、尊敬の念を抱いた。

また、下記の鉄則はいずれもプロの技術講師として最高の価値を提供すべく、学び手の視点に立ち、自分を律していこうとするマインドが感じられた。

  • 鉄則12:学び手は常に正しい
  • 鉄則15:個人差に配慮する
  • 鉄則16:「分かりました」で安心しない

 

kakakakakku.hatenablog.com

この記事からは、社内ハンズオンイベントで(なんちゃって)講師役を務める上で、とても重要な視点を提供してもらえた。

  • オリエンテーションが長すぎる
    「絶対に”今”伝えるべきこと」を意識して、時間配分に気を付けようと思った。
  • お客様が集中してる時間に喋ってしまう
    社内だからフランクな対話形式でやればよいかな、と思っていたが、集中してもらうために「敢えて喋らない時間を作る」ことも大切だと意識が変わった。
  • 演習中にトラブルシューティングをしてしまう
    これも社内だから全員で共有できた方が学びが多いんじゃないか、と思っていたが、集中して取り組みたい人にとってはノイズになることもある、と気づけた。

 

kakakakakku.hatenablog.com

こちらの記事では、カックさんが自称「心配性」(全くそんな雰囲気は感じさせないのだが)で、不安がなくなるまでリハーサルを行っている、と綴られていて、とても意外だった。

てっきり、天性の素質のようなものが備わっている方なのかと思っていたが、陰ながら努力を積み重ねていらっしゃることを知り、一層尊敬の念が深まった。

また、日常的にプレゼンの練習を意識されていることを知れたことも大きい。

残念ながら「TED」は放送終了となってしまったが、お手本となるプレゼンをたくさん聞ける機会を作っていくことの大切さを知った。

 

それでは、また。